立花孝志がマツコの5時に夢中での発言に憤慨!近日直接抗議決行か

巷での話題
Pocket

7月29日の放送のTOKYO MX「5時に夢中!」の中でマツコ・デラックスの発言の中で、「ふざけて(票を)入れている人も相当数いる」の発言をうけ、

立花孝志代表(51)が8月12日、TOKYO MX「5時に夢中!」に突撃するも当人不在で失敗に、「もし来週、マツコさんが(番組に)出るようだったら、また来ます」と宣言した。

さて、毎週平日夕方生放送の当番組で、いつ二人のバトルが見られるか予測してみた。

Sponsored Link





立花孝志は評判悪いYouTubeひとり放送局の代表

何をかくそう、立花孝志さんはYouTuberでもあります。

ひとり放送局の代表取締役でもあり、N国党の結成前はYouTubeの収益を元にNHKで困っている方への相談や、撃退ステッカーの作成、集金者の撃退法、または、電話番号まで公開してNHK苦情への対応を行っていらっしゃいます。

それでも、反対派も多く、「評判悪い」等とTwitterなどで呟くひともいますね。

話を本題にもどしますが、

「もし来週、マツコさんが(番組に)出るようだったら、また来ます」と立花氏は言っていますので、直接対決の日程はそう遠い未来ではないでしょう。

あくまでも個人の予測ですが、8月の12日が空振りとは言え、忙しいなかで東京・麹町まで足を運べた日なので、同じ月曜の一番近い日程。

そう、8月19日の別曜日にお二人のトークバトルが展開されるのではないでしょうか

さて、このお二人面識はもちろんないでしょう。

唯一の関連性を言うならば、立花孝志さんは千葉県船橋市の市議会議員。

マツコ・デラックスさんは出身が千葉県千葉市出身の千葉県繋がりくらいでしょうか。

千葉と言えば、私も数年前に10数年程住んでおりました。

鎌ヶ谷、西船橋、おゆみ野、を数年ずつ移り住み、とても住みやすく田舎であり都会に近い良きベッドタウンと言うイメージです。

マツコさんの出身である元稲毛区にも仕事の関係で良く足を運びました。

千葉市の中でもどちらかと言えば住宅街の多い街で、住んでる方も気の良い下町感漂う方ばかりだったのを覚えています。

千葉は電車も凄く便や良く、西船では武蔵野線や京葉線に乗り換えが出来、平行して京成線も直接ではありませんが、すぐ近くでの乗り換えが出来る距離にありました。

特に、西船橋に住んでいたころが印象に強く、当時、埼玉スタジアムへのワールドカップサッカー予選の観戦や、浦安舞浜にある東京ディズニーランドへも数回遊びに行きました。

立花孝志はYouTuberひとり放送局代表者としてひろゆきさんともトークしています

元2チャンネル創業者であるひろゆきさん(本名 西村博之)とのトークでは、立花孝志さんの言い分には「正しいところもあるが、政見放送は批判されるべきだ」と言っています。

「NHKをぶっ壊す!」で比例99万票を集めたNHKから国民を守る党の立花孝志党首

私もNHKには嫌な思いをした覚えがあります。

NHK集金代行の方はどこで調べるのか、帰宅時間を知っているのか、帰りつくと数分後に来ることが多く、テレビを見る暇もなかった私は当然未払いでした。

当時は対応するのも面倒だったので、居留守でやり過ごすことがおおかったのですが、ある日、毎度のごとく集金に来た男の方が大きな声で「NHK受信の電波を移すモニターがあれば、受信料を払う必要があり、法律でそのように決まっています」と玄関先で話していました。

今考えれば、立花孝志さんに電話してみたら、二度と集金で悩むことは無かったかもしれませんね。

Sponsored Link





立花孝志さんの今後の活躍には期待しています (まとめ)

NHK放送電波のスクランブル化をうたっておられる「NHKから国民を守る党の立花孝志党首」ですが、本心は「早く公約を実現して議員を辞めたい」と言っています。

反対派も多いわけで、命がけで(党首)やっているとの言葉通り、危険とは隣りあわせなところも確かにあるでしょう。

個人的にも一票を投じたものとして、何もできませんが、応援はしていきたいと思いました。

以前ほどにおふざけは出来なくなってしまいましたが、今後の活躍に期待です。

Sponsored Link





コメント

タイトルとURLをコピーしました