前田健太のツインズ移籍背番号も18の訳は?巨人と西部にも理由が!

スポーツ
Pocket

ツインズへ移籍後、新天地での活躍が期待される前田健太投手ですが、移籍後では初戦だったレッドソックスとの成績もそこそこ良いスタートを切れたようだと本人も満足している様子でした。

そんな背番号18番をツインズでも継続して背負っていますが、どんな理由があるのか気になり、調べてみました。

Sponsored Links

前田健太のツインズ移籍背番号も18の訳は?初登板でも”引退まで”変わらず

前田健太選手がツインズに移籍後も背負っている背番号18について調べてみました。

背番号18は 日本のカープ時代からも 背負っている番号としては有名ですが皆さんどういった意味で18番を背負っているのかをご存知でしょうか。

それは西武ライオンズだった松坂投手が背負っていた18番、その前をさかのぼれば巨人で桑田選手がつけていた背番号18番に遡ります。

前田健太投手自体はこのお二人をリスペクトしているんですが、そもそもこのお二人の18番の経経緯に関しても気になり調べてみました。

桑田真澄選手の背番号18

前田健太投手の PL 時代の大先輩としても有名な元巨人軍は玉津見通しと準市場については 以下の内容を見つけました。

17歳の桑田に、ジャイアンツは堀内恒夫がつけてきたエースナンバー、18番を託したのだ。藤田元司、堀内、桑田――ジャイアンツの18番は半世紀近く、この3人だけで受け継がれてきた。

web Sportiva love sports 引用

松坂投手の背番号18

松坂投手もPL学園出身の投手で前田健太の先輩にあたります。こちらの18番の意味合いは以下の通りでした。

松坂にとって、18番はやはり特別な番号だ。幼い頃は巨人の桑田真澄投手に憧れ、プロ入りしてからも長く背負ってきた愛着ある数字だ。

fuii-count引用

桑田真澄は憧れのエース、堀内恒夫をリスペクト。

松坂大輔はそんな先輩の桑田真澄をリスペクトしていたんですね。

そんなPL学園野球部の先輩でもある二人をリスペクトした前田健太の18番な訳です。

巨人と西部のあの人たちが背負った番号!新スタートでのレイズ戦で筒香嘉智と再戦も

ここで、エースナンバーとして扱う18番についても記しておきたいと思います。

 なぜ、18がエースナンバーなのか。それには諸説ある。歌舞伎界で得意としていた演目を「歌舞伎十八番」(おはこ)といったことから、得意とする芸という意味で「十八番」が使われるようになった。そこから派生して、野球界でも一番秀でているものが「十八番」とされてきたという見方。また、球界の中心に座る巨人において、藤田元司氏、堀内恒夫氏、桑田真澄氏という好投手が18番をつけていたことから、徐々に「18番=エース」となっていったという見方もある。

投手としてのプライドや誇りも詰まった番号なのですね。

 

ツインズ移籍後の 第2戦目で早速日本人選手同士の対決となります。

前田健太選手が広島カープ時代にもベイスターズ戦で対戦経験のある、筒香嘉智(つつごうよしとも)選手との日本人対決ですね。

この対戦は前田投手も楽しみにしていると言っています。

W不倫のメジャーリーガーXと女子アナYは誰?前田健太と杉浦友紀の名前も

果たして討ち取ることはできるのでしょうか?見ものですね。

Sponsored Links

まとめ

如何でしたか?

背番号18番がエースナンバーである由縁は既に記しましたが、ゲンを担ぐことの多い野球界では楽天時代の田中将大が背負った18番が永久欠番になっているほど、エースナンバーを重視する選手が多い事を分かって頂けたと思います。

メジャーリーグで活躍する選手達の更なる活躍に期待したいと思います。

この度は、最後までご覧頂き誠に誠に有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました