ブラマヨ吉田がツイッターで紹介中の本は子供も読める?吉田敬最新刊

芸能
Pocket

ブラマヨの吉田が自分のツイッターで「東京事変」ライブに関して怒りのコメントを出しているのと同時に、自らが宣伝している著書「黒いマヨネーズ」と言う本がある事を知ったのですがどんな本なのか気になりました。

タイトル的には”黒い”との表記から少しブラックな内容の様な期待もあります。少し調べて書いてみました。

Sponsored Link

ブラマヨ吉田がツイッターでおすすめの本「黒いマヨネーズ」とは

本題に入る前に、吉田さんが激怒した「東京事変」関連の内容をご自身のツイッターで呟いていた詳細をご覧ください。

中京スポーツさんが書いた記事に怒っていらっしゃるようですね。

私し個人的には、ちゃんと社会情勢などを気にしていらっしゃる内容をおっしゃっており、コメント内容は偉いと思いましたけどね。

話をもどしまして、

話題にしたい本なのでしょうか。タイトルが意味不明な内容です。

「黒いマヨネーズ」、現実的には少し気持ち悪い響きですね。

妄想と現実の狭間で、時に怒り、時に涙しながら、人の世の不条理と栄枯盛衰を綴る、天才コラムニスト・ブラマヨ吉田敬の猛毒エッセイ58篇!!

本の情報は上記の通りなので、猛毒のエッセイ集の様です。

猛毒といっても、著書として一般的な販売の様なので吉田さんのお笑いセンスたっぷりのエッセイ集だと思われます。

エッセイを知らない人の為に辞書に書かれた内容は以下の様に記載されていました。

文学における一形式で、筆者の体験や読書などから得た知識をもとに、それに対する感想・思索・思想をまとめた散文である。又は、随筆(ずいひつ)とも言う。

エッセイと言えば、私も高校2年までは文学を学んでいたので、小説などの書き方を習った覚えは有ります。現在ではこんなブログも上手く書けない程、劣化してしまいましたが、まったくの素人さんよりはまだましなレベルではないでしょうか。

高校の頃と言えば、まだ心も純粋でありましたので、男女の恋に関する事がらを書いたりするのも、すこしドキドキしながら書いていた覚えが有ります。まず、女性を見る目がおじさんになった今とでは雲泥の差があり、とても綺麗に美化していたのを覚えています。

女性に触れることも妄想でしかかなわないと思っていましたし、ましてや女性と付き合うこと等一生不可能ではないかとまで思っていましたね。

結婚をした今では、あの時の妄想が如何に純粋で綺麗だったか…、決して今が悪い訳では有りませんけどね。

嫁や子供もアレルギー無く読める?激ヤセ病気の事や名言などの記載は

「黒いマヨネーズ」はエッセイ集とありますが、”人の世の不条理栄枯盛衰を綴る”とある通り吉田理論での面白エピソードが詰まった内容の様です。因みに意味をそれぞれ説明しておきますね。

”不条理とは通常の予測を外れた行動または思想”

ウィキペディア参照

”栄枯盛衰とは栄えることと衰えること。 栄えたり衰えたりを繰り返す人の世のはかなさをいう。”

ウィキペディア参照

ブラックマヨネーズのファンであれば、奥さまであろうがお子さんであろうが読み事は出来ると思います。しかし、記載されている内容を理解できるかは正直分かりません。

ご本人はかなり自信があるようですね。

まだ、私も読んでいませんのであくまでも予想の範囲でしか書くことが出来ません。

書店にあったら読んでみたいと思います。

多分、面白いのでしょう。

Sponsored Link

まとめ

如何でしたでしょうか。

ブラマヨ吉田さんの著書、「黒いマヨネーズ」はエッセイ集であり、お笑いのノウハウをちりばめた一冊の様です。

書店で見かけた際には、立ち読みでもいいので覗いてみるのも良いのではないでしょうか。ご本人としては、是非1,430円で購入して欲しいようですよ。

よし、偶然に書店で目にすることが出来たなら、私は絶対に購入する事にしました。

皆さんはご自身でご検討下さい。

この度は、最後までご覧頂き誠に誠に有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました