はやぶさ2タッチダウン映像からわかる今回の奇跡的調査内容は此だ!

未分類
Pocket

2階のタッチダウンで着陸に成功したハヤブサ2今回は、着陸以外にも奇跡を起こしたそうですので、そちらについてお話ししたいと思います。
最後までよろしくお付き合いください。



はやぶさ2のランディング映像はビックリする内容だった

皆さんもご存知の通り小惑星リュウグウ着陸を果たした はやぶさ2 ですが今回は着陸以外にも奇跡の行動を取ったのでその内容についてお話ししていきたいと思います。

はやぶさは JAXA 日本宇宙開発機構が手掛ける 惑星探査機なのですが 今回の機体には ある工夫がなされていたようです。

それは何かと言いますと、少し詳しく述べていきたいと思います。

はやぶさ2は 対象物である小惑星リュウグウに着陸する際に、着陸部分になります、飛行機で言うランディングギアみたいなものを(タイヤはついていません、棒状になっているもの)リュウグウの表面に接触させ着陸するのですが、今回はそのランディングギアの足のちょうど中央部分に工夫を凝らしていたようです。

その工夫とは、着陸した際ランディングギアと一緒に、対象物である小惑星リュウグウに接する格納庫のようなものを装置として取り付けておりました。

この装置が対象に接触する際に僅かではありますが接触部分物質を取り込む形になっていたようです。

その装置がどのような構造になっているかまではさすがに専門家ではないので分かりませんが、自分が思うにufoキャッチャーのようにスコップのような、当たった瞬間に接触部分削り取るような方法で物質を取り込んでいるのだと思います。

よく考えれば分かると思うのですが はやぶさ2リュウグウに接する衝撃を上手く変換するぐらいしか、装置を動かすようなエネルギーは発生できないと思うんですね。その衝撃をうまくエネルギーに変え物質を取り込むシステムにすることで 余計な電力や燃料などを使わずに物質を取り込めるという装置にしているはず。と私は考えます。

何もない無の宇宙空間において、エネルギーはとても重要ですし、帰還の事を考えればできればエネルギーは極力使わない方が望ましいわけですからね。

はやぶさ2のタッチダウン映像から分かる衝撃はどのくらい

はやぶさ2が、リュウグウ小惑星に着陸する際の衝撃というのを考えたことはありますか ?
私たちが地球上で空を飛ぶために使う飛行機ヘリコプター、これらは空気の抵抗による浮力浮いているのですが、宇宙空間には大気というものが存在しません その中で宇宙船は自立した動きでの着陸をする必要があるのです。
また その時のスピード抵抗ないわけですから、かなりゆっくりしたスピードで着陸しなければ機械自体壊れてしまいます
かなり精密なコントロールが必要なはずです。
その中で今回の物質を取り込むと言う偉業を成し遂げたのですから日本の宇宙開発機構 JAXA の開発力はものすごいものがあるんだと私は思いました。
皆さんはどのように思われたでしょうか。



はやぶさ2ランディング映像による奇跡の結果(まとめ)

個人的な話で申し訳ないのですが、私は空中に浮くものについて大変興味があるのですが、今回のハヤブサ2に関しては一体どのような構造を作ることでこのような偉業が成し遂げられたのか知る由もありませんが、今後少しずつその全貌が明らかになってくると思います。
これからもはやぶさ2の行動に 注目ですね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました