吉本岡本社長の宮迫解雇から明るみになる新事実!松本人志も動く!

未分類
Pocket

巷を騒がせた、雨上がり決死隊宮迫博之ロンドンブーツ1号2号田村亮両名への吉本興行契約解除に対するニュースですが、今回の騒動になった経緯を含め、この注目の二人への会見阻止を行ったと見られる張本人の情報を入手しましたのでお伝えしたいと思います。



吉本の岡本社長が宮迫契約解除を支持した模様

吉本興行の代表取締役社長の岡本昭彦氏が謹慎中であった宮迫博之氏に対して、「会見をするなら首にする。どうしても会見したいならこちら(吉本興行)の用意したQ&Aでの会見を行ってもらう」と、ほぼ恐喝まがいの内容で当事者に圧力を掛けたようです。

岡本昭彦と言えば、ダウンタウンの初代マネージャーであり、当時は❝岡もっちゃん❞の相性でダウンタウンからはそう呼ばれていました。

圧力といえば、サラリーマンである私もとある企業との案件で似たような経験をした覚えがあります。

大手企業の場合、上司の言う事は基本的には絶対的なところがあり、ましてや役員クラスの重役クラスからの指示となれば神様からの指示とでもいうような対応をするのが一般的です。(我が社はブラック企業なので、一概には言えないのかもしれませんが)

吉本興行の岡本昭彦社長が宮迫博之に行った圧力の様な対応を若かりし私も経験

私の場合は、こうです。

札幌(エリア)の営業が、当時取引先としては大口だった全国量販の札幌エリア企業へ、ある商品の取り扱いを決めました、その商品には姉妹品(商品規格、形態が違うだけの中身は同じ商品)があり、私が同企業の首都圏本部商談にて規格違いの姉妹品を全国登録にて取引を決定。

当日の内に報告書を提出したところ、当時の常務取締役(札幌エリア営業は派閥常務派の一員)より、派閥には属していなかった私へ直接連絡があり、

「今回の件(取引)は、もともと札幌の営業が先に取引を決めていたので、君の案件は今後、札幌の彼に引き継いでくれ。」

この一言で、私の案件は無かった事になり、手柄は札幌の彼が評価されるといった、良く訳のわからない状況も経験しています。(上層部の圧力には勝てない)

当時、同じフロアーで同期(常務派)の同僚も「ドンマイ」と声を掛けてくれました。

 

ダウンタ (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ウン松本が動いた!吉本が揺らぐか?(まとめ)

今回の件で、宮迫博之氏の先輩芸人であり、今や吉本興行のナンバーワンでもあるお笑い芸人、ダウンタウンの松本人志氏が、契約解除の当人2人による単独記者会見の内容を見るや否や、Twitterで「動きます」とコメント。

自分の所属事務所でもあります吉本興行への直談判?を結構しました。(カッコいい)

上記でも述べましたが、岡本社長はダウンタウンの元マネージャーであり、ダウンタウンをここまで大きく育てた張本人でもあります。

松本人志氏が吉本社長へ直訴後、「このままでは(吉本には)いられない」との発言がとても気になりました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました