熱中症に良い食べ物ベスト3で作った激うまメニューレシピがこれ!

食品と健康
Pocket

熱中症予防に良いとされる食材トップ3は豚肉納豆、そしてモロヘイヤです。

この3つの食材は熱中症予防に特に効果的な食材で、熱中症の際にかく大量の汗で失われる栄養成分疲労感、倦怠感を予防する効果があります。

そんな熱中症に効果のある食材トップ3をバランスよく取れる激うまレシピをご紹介します。

Sponsored Link




熱中症に良い食べ物ベスト3とその栄養素とは

1位は豚肉ですビタミンB1を多く含み疲労回復に良いとされています。

2位は納豆です。こちらもビタミンB1を含み、汗として排出されるカリウムを多く含んでいます。カルシウムやマグネシウムといった汗で失うミネラルも含んでいます

3位はモロヘイヤです。汗で失うカリウムを豊富に含み、他にもカルシウムや鉄といったミネラル造血のビタミン葉酸野菜の中でトップクラスの含有量です。

この3種の食材をバランスよく、そして美味しく食べる事で熱中症に強い体を維持することが出来、炎天下での作業時などの手助けになります。

熱中症に良い食べ物ベスト3で作った激うまメニューレシピ

それでは、栄養士である私がお勧めの激うま「熱中症予防レシピ」をご紹介します。

「冷やし豚しゃぶと納豆のモロヘイヤネバネバ丼」(うどんやそうめんでもOK)

材料【2人前】

豚肉しゃぶしゃぶ用(脂身の少ないモモ肉が理想) 100g

モロヘイヤ1束 約100g~200g

納豆2パック 約80g

ご飯2膳分(うどん、そうめんは2玉分)約300g

温泉卵2個

キムチ、大葉、刻みのり、いりごま 各少々(お好みの量で)

お好みの濃縮めんつゆ(大さじ2杯)約30g(お好みで調整ください)

【超簡単作り方】

豚肉はたっぷりのお湯で茹でて火を通し、お湯を切って食べ易い大きさに切ってラップをし、冷蔵庫で冷やしておきます。

モロヘイヤもティースプーン1杯分塩を溶かした塩味を感じる程度のお湯で1分茹でます(茎を先に茹ではじめ、40秒ほどしたら葉の部分をい入れて茹で上げます)。

しっかりお湯を切り、しっかり絞って包丁でたたいてネバネバのみじん切りにします。

ネバネバになったモロヘイヤと納豆をボウルに移し、納豆に付属のタレとからしを使って混ぜ、ネバネバの状態で一旦ラップして冷蔵庫で冷やします。

大葉を千切りにしておきます。

ご飯をそれぞれ2つのどんぶりによそい、先ほどの納豆とモロヘイヤを混ぜたものを半分ずつご飯の上にかけます。その上に冷やしておいた茹でたしゃぶしゃぶ肉をこれも2等分して盛り付け脇にキムチをお好みの量添えます。全体に掛かる様にめんつゆを大さじ1づつ回しかけます。

最後に、その上に先ほど刻んだ大葉、刻みのり、いりごまをお好みの量振りかけ、

温泉卵をのっけて完成です。

お好きな方はごま油を少し振りかけると香ばしさが増しますよ!

では、この栄養バランスの良い激うまメニュー、もともとはあるキッカケがもとで考える事になったんですが・・・、

それでは、当時の私の熱中症体験談を少し聞いて頂き、皆さんの生活の糧にしていただければと思います。

それは、ある熱い夏の朝。実家で夏休みに遊びに来ていて巨峰畑にぶどう狩りに出ていたいとこのみっちゃん(当時16歳)がお昼になっても一向に帰ってきません。

「ちょっと様子見て来て」とお袋がいうので、当時大学生だった私は少し心配しながらもぶどう畑を見に言ったのです。

すると!畑の片隅でうずくまっているみっちゃんを発見。「大丈夫?!」と声を掛けると、「うん、何とか大丈夫、少しふらついたから休んでたの。」

私は、訳が分からず熱い日差しの中、うずくまって、少ししんどそうなみっちゃんを抱きかかえ、自分の乗ってきた車の助手席に乗せたのです。

車はエアコンを効かせていたので涼しく、持ってきていたスポーツドリンクも飲ませたのでした。(確かポカリスエットだったな)

少し気分が悪いと言っていたので、そのまま近くの病院へ。

診断結果は中程度の「熱中症」との事。

症状は軽いため入院までにはいきませんでした。

当時はまだ、メジャーではなかった「熱中症」。

みっちゃんを連れて帰り、お袋に事の経緯を相談。すると、お袋が、

「あんた、栄養士でしょ?(まだ勉強中だけど)熱中症に良い食べ物とか知らんと?」(九州弁)

みっちゃんが、「兄ちゃん、栄養士やったと?」(まだ勉強中)「まあね…。」

そこで、持っていた食物栄養学本やら参考書やらをひっくり返し、良さげな食べ物の情報を探しだし、男でも作れそうな簡単で美味しいメニューを考え出したのでした。

当時は、まだモロヘイヤ(エジプト原産の緑黄色野菜、またの名を「王様の野菜」)が流行り出したばっかりの野菜でしたが、テレビの影響か近くでも購入できるほど出回っていたのを思い出しますね。

Sponsored Link




熱中症には食べ物も大事ですが飲料をまず優先で摂りましょう(まとめ)

今回は、熱中症対策に食べると良い食材のトップ3を使って作る、お手軽激うまメニューを、私の体験談を交えながらお伝えしてきました。

この記事を見られた方は、今回ご紹介した食材を使って、もっと美味しく工夫をして、更に美味しく食べて頂ければと思います。そして、熱中症には十分に気を付けましょう。

最後に、今回の食べ物以外での熱中症対策としては、やはり素早く水分を補給する飲み物の情報も欲しいところですよね。

今回、最後まで読んでいただけましたお礼、おまけ情報として、水分を素早く摂れ、熱中症に良いカロリー低めのゴクゴク飲める熱中症対策飲料の情報もお教えします。

それは、エネルギー、糖質が低いハイポニック飲料と言われる物です。

対象的な物がアイソトニック飲料ですが、アイソトニック飲料は聞いた事がある方も多いでしょう。

そう、代表的なのがイオンサプライ、ポカリスエットです。

では、ハイポニック飲料ってどれ?

それは、ポカリスエットイオンウォーターアクエリアスZEROです。

アイソトニック飲料より素早く体に水分を補給することが出来ます!

さて、これらの情報ついては、また、別の記事でご紹介いたいと思います。

最後までお付き合い頂き誠にありがとうございました。

Sponsored Link




コメント

タイトルとURLをコピーしました