SIEがPS5公式発表も日本発売日は後回し?最新情報や価格は!

ゲーム

PlayStation 5の公式発表がソニーインタラクティブエンターテイメント(SIE)からありましたが、皆さんこれが公式には第一報だと言うことにお気づきですか。

いやいや違うよと思っている方、本当にこれがSIEから正式発表になった初めての公式な内容になります。

皆さんが勘違いされている原因はWRIEDが行ったメディアへのリーク情報が公式発表と認知されているからです 。

これらの情報を踏まえ今後の日本メディアの対応次第でまたに、日本での発売日自体が後回しになる可能性が出てきました。

 

Sponsored Link




SIC最新情報や本体画像それに価格予想などメディアの使い方が変化!独自予想も!

ある専門関係者が話している内容ですが今回のメディア発表の内容は、ソニー側の戦略があるみたいです。

まず、私が気になった件が三つありますので記載してみたいと思います 。

まず一つ目

今回 PlayStation 5のメディアへのアピール方法が特殊でした。

公式発想自体が今回の 発表が初ということもそうなのですが 、 大手企業の発表であれば 有名芸能人などを 使って大々的な会見など アピールするのが 普通です。

ですが今回は、ある専門サイトを通しネットに少しの道情報を開示しただけで、新型機の注目を一気に集めることが出来ています。

二つ目

PS5の市場は海外を主戦場としたPS4と同じ欧米を意識しており、英語での発信が重視されている点です。

日本で売れたPS2は2000万台以上でした。

PS4も発売当初は売れたのですが、その後携帯ゲームや無料スマホゲームなどの影響からか、販売台数は半減しています。

このような背景から、PS5の日本でゲーム市場での優先順位は低いようです。

三つ目

日本での話ですが、各ゲーム会社の関係者は、ゲーム系メディア向け報道に不満があるようです。

一部のメディアはメーカーのプレリリースの大部分をコピペした様な記事を配信。

関係者は理解している様でも内心不満が有る様なのです。

現在のネットニュースは速報が最重視される傾向がつよく、その典型がプレリリースをほぼそのまま流す手法と言う訳です。

このようにPS5のインパクトをより高めるべく、異例ではありますがネットへ情報を小出しに開示していくことで、ネットの情報発信力を上手く使った展開を進めていたようです。

私も、流通業界のプロとしてPS5のネットを活用した情報戦は、初めての試みとしては成功ではないかと感じます。

これまででは、販売促進の手法といえば、TVコマーシャルなどのメディアを使用したものが一般的でした。そこに、ネットと言うインフラを使用して、それも、大々的なカンファレンスなどを開くわけでもなく、話題性を活用した情報共有。

アメリカ大手専用サイトでの一部情報の開示が、あたかも公式発表と勘違いしてしまうほどのネットメディアの有効活用術。テスト的な戦略がPS5と言うビッグネームのおかげでお金を殆どかけずに市場を賑わすほどに。

これは、れっきとした販促活動そのものであり、ネット社会でのネットのスピードと影響力を上手く取り入れた販売戦略と言うしかほななりません。

気になる価格については正式な発表は現状ありませんが、有識者達の情報をまとめてみると以下の通り、

基本性能の高さから3万円台は無い。

4万円台でも厳しい。

普及させる価格を優先すれば4万9980円から5万9880円が妥当なところ。

性能的には7万9880円もあり得る。

上記から考えると、5万9880円が最も有力と考えます。

売れてほしい願いも込めて、私の個人的な希望は4万9880円ですけどね・・・。

デザイン予想画像や新旧ソフト互換性と新型VR情報など最新情報まとめ

長年愛用してきましたソニー(SONY)プレイステーションシリーズ。

筆者は発売当初の初代プレイステーションから愛用しております。プレステワンなどと言うものもありましたね。

初代から2(ツー)へ新型機発売の際にはソフトの互換性があり、すんなり買い替えをした覚えがあります。価格も今ほど高くなかったイメージでしたからね。

互換性は今回のPS5にも施されており、世界的に販売台数を伸ばしたPS4のソフトもそのままPS5で遊べる事がわかっています。もちろんディスクを使用してです。

PS4はPS2に続く販売数。PS2が国内での販売がメインだったのに対し、PS4は世界的シェアを誇るゲーム機になっております。

DVD映像が再生できるのも売れた要因に貢献しているようです。

PS5ではウルトラブルーレイディスクが採用されますので、PS4で使用していましたブルーレイの約2倍の容量が1枚のディスクで収録可能となります。

その分、画像処理機能も進化しており、PS4の弱点でもあったロード時間の問題が解消されている点も注目です。

PS5のゲーム読み込み処理速度はPS4の10倍以上と言うから驚きです。

現状のゲームでのロード時間が1分のものが1秒以下で完了するなんて、夢の様な処理速度ではないでしょうか。

VRについても情報がリークされており、新型はPS5との同時発売は無いものの、新機能を搭載した、初代PSVRよりも扱いやすい改良がされるそうです。

現状分かっているVR改良ポイントを以下に述べます。(確定ではありません)

  • ワイヤレス化 初代では捜査中に体に絡まるとのクレームが多発。
  • VR酔い対策 温度計やアイトラッキング用のカメラ、湿度計、外部定位センサーといった様々な装置を取り込み、解像度も数段アップさせ対策を講じる。
  • セカンドスクリーン・カメラ・マイク VR操作本人以外の人がVRの内容を覗き見ることが出来る機能を搭載。また、VR本体にもカメラ・マイクが付き、VR操作中も何時でもVRを掛けたままの状態で外界の状況が確認、コミュニケーションをとる事も出来る。

VRといえば、私も経験があるのですが、没頭すると周りの状況が全く分からなくなるのは少しい怖かったです。

没入感は高いのですが、その分不安も高くなり、周りが見えない恐怖みたいな心理状況になる事もたしかでした。

当に、一人の世界が永遠と続くVRの世界では、現実にいつでも戻れる機能は必要だと感じていましたので、新型には期待が高まりますね。

おまけに、VRに特化した専用コントローラーの開発も進んでいるようです。

握ったり、触ったり、撃ったり、抵抗やジャイロセンサーの改良などで、こちらも仮想空間をよりリアルに近く再現する手助けになるようです。

新型コントローラーにも期待が高まりますね。

 

Sponsored Link




PS5の同時発売のソフトやスペック性能デザインなどの最新情報からは目が離せない(まとめ)

発売日は2020年下期の商戦期とまでは解っています。

同時発売が予想されているソフトは

  1. テイルズシリーズ最新作
  2. ファイナルファンタジーシリーズ最新作
  3. 龍が如く最新作
  4. 戦国無双シリーズ最新作
  5. ドラゴンクエストシリーズ最新作

といった超有名タイトルが上がっています。

 

本体発売に関しては私なりの予測ですが、最近までSIEはぞろ目の日を発売日にしている事が多いです。

PS1・1994年12月3日
PS2・2000年3月4日
PS3・2006年11月11日そしてPS4は2014年2月22日

そこで、私なりの大予測として

PS5は2020年10月10日または、11月11日、12月12日のどれかに世界同時発売!

皆さんも、是非、予測してみてください。

最後まで見て頂き有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました